About

家庭料理から予防食学まで【食と健康の知恵袋】

しょくすりとは、「食事はいちばんのくすりになる」を合言葉に、作物ができるところから口に入り、身体に作用するまでの一連の流れを学ぶための食教育サイトです。農業、食、栄養、健康などの情報を集積し、日常生活から、食に対する意識(フードリテラシー)を向上させることで、健康意識の向上、疾病の早期発見、家庭での食卓の変化、予防食学の普及、農業への理解の醸成などの効果が期待できます。

そもそも、なぜ【食と健康の知恵袋】が必要なのか?

日本は果たしてこれからも “長寿国” でいられるのか?

日本は世界第2位の平均寿命を誇る長寿の国です。その理由は、衛生環境の向上や医療技術の発達、介護現場の充実など様々な要因がありますが、最たる要因は、「日本の食事が和食だから」なのではないでしょうか?  

世界で最も健康的な食事=和食

マグガバンレポートによると、心臓病などの疾患の原因として食生活を挙げており、増え続ける社会保障費の解決策として食改善を掲げています。そのなかで、世界で最も健康的な食事として元禄時代の和食を紹介しています。  

世界に誇るべき食文化が軽視されている?

しかし、日本では1970年代から食の欧米化や工業化が進み、共働き家庭の増加、女性の社会進出、外食文化の普及なども相まって、和食を食べる機会が減りました。 和食を好きだと答える日本人が多いのに対し、和食のみならず料理をつくる機会というのは年々減少しています。  

人生100年時代は一瞬のまやかしである

今、日本では「人生100年時代」ともてはやされ、長生きが当たり前のように思われています。 しかしそんなに現実は甘くはありません。栄養学的な見知からすると、日本の食環境は便利さとともに悪化傾向にあり、食品添加物、遺伝子組み換え食品、農薬、抗生物質、薬品など使用は世界トップクラスにあり、そのことによる腸内環境の劣化に伴う免疫力の低下が著しく進んでいます。 いまの高齢世代こそ、昔ながらの日本の食卓を営んできており長生きそのものですが、これからの若年層は、悪性新生物(ガン)、心臓病、糖尿病、肥満などの疾患が、比較的年齢の若いうちから発症してしまうことは避けられません。  

知らないで食べてていいのか?

本来であれば、国が規制し、国民の健康を守ることが務めだと思います。しかし古い法律の縛りや利権により、なかなか変えられない現実があることも事実です。 その中で、国民は自分の健康は自分で守る、自分の食べるものは自分で判断する、このような力が求められているのではないでしょうか?  

 ”食事” とは1日3回の ”選択” である

食は1日してならず、だからこそ、日々の選択が自分自身の健康を左右します。 食事とは1日3回の経済活動であり、自分と社会と未来への投資です。自分が選んだものが需要になり、それが積み重なることでニーズは高まる。健康的な食品を食べたければ、本当の意味での安心・安全な食べ物を口に入れたいなら、そういう食品をまず消費者が選ぶことから始まります。健康食品は高いからといって買わないようでは、いつまで経ってもニーズが確立せず値段は高いままです。自分たちが選び続ければ、ロットも上がり、価格は下がり、消費者により手の届きやすい商品になります。健康と安さが両立する社会は、消費者の行動でしかつくれません。  

食選択の一役を担うサイト=しょくすり

だからこそ、食選択の判断基準となるような基礎情報が不可欠となります。 しょくすりは、「食事はいちばんのくすりになる」を合言葉に、日本の伝統食であり世界の健康食である「和食」を現代に取り入れやすい形で普及させ、日々の食選択における情報を届け、人々の健康増進に寄与することを目的につくりました。      

このサイトをみて、一人ひとりが健康的な食生活を実践し、なりたい自分を食事からつくり、理想のライフスタイルを食改善から後押ししていくことを目標につくられています。  読んだその瞬間から実践できる食と健康の総合案内所として、情報収集・発信活動をしています。健康に生きたいと思う誰もが健康を目指し、一人ひとりが自分らしく活動できる社会をつくるために、しょくすりは今日も発信し続けます。