3-6.その他の栄養成分

ファイトケミカル

ファイトケミカル

植物に含まれる抗酸化作用の強い物質の総称をさします。

植物が自分自身のからだを守るために産生する物質で、免疫機能を高めたり、活性酸素を抑制して老化を防ぎ、血管の酸化を防ぎ丈夫な血管をつくります。色素・香り・苦味・渋みなどの特徴があります。

カテキン

緑茶の渋み成分で、発ガン作用の抑制、血中コレステロールの減少、食後の血糖上昇をゆるやかにする、口臭予防、虫歯予防などの効果が期待されています。

ポリフェノール

植物の色素、渋みや苦味成分をさします。

アントシアニン

ブルーベリーやぶどうの赤い色素

イソフラボン

大豆に含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があります。更年期障害の予防効果が期待されています。

カロテノイド

植物に含まれる色素の総称です。

βカロテン

にんじんのオレンジ色

リコピン

トマトの赤色

クリプトキサンチン

みかんの黄色