副菜

ヨーグルトの酸味が利いた【おつまみポテトサラダ】

夏の終わりのこの時期に、なごりの枝豆を使ったポテトサラダはいかがでしょう?

ヨーグルトやマスタードの酸味が利いた大人の味わいのポテトサラダです。あっさりとした味わいなので、日本酒ともよく合います。

材料(2人分)

  • じゃがいも    正味200g
  • 枝豆       むき身70g
  • ベーコン     30g
  • ★ヨーグルト    1パック(75g)
  • ★マヨネーズ    大さじ1
  • ★マスタード    小さじ1/2
  • ★塩        小さじ1/2
  • ★こしょう     適量

 

つくり方

  1. ベーコンは1cm角に切り、フライパンで焼き目をつけます。
  2. じゃがいもは皮を剥いて、乱切りにします。鍋に水をはり、じゃがいもを入れ、串が通るまで茹でます。
  3. じゃがいもが茹で上がったらお湯をきり、木べらでつぶします。温かいうちに★の調味料を入れてよく混ぜます。
  4. 最後にベーコンと枝豆を加え、よく合わせます。

 

調理メモ

ひと口目は、酸味が強いかな?と思いますが、食べ始め、飲み始めると、このくらい酸味がきいているくらいが、お酒を引き立て、食べ応えもある感じになります。好みの分かれる味なので、酸味がききすぎて苦手な場合は、ヨーグルトの分量を減らし、マヨネーズの分量を増やすとコクの利いた味わいになり、食べやすくなります。角切りのチーズ、ソーセージ、いぶりがっこなどの食材でもおいしくつくれます。

Special thanks!!

レシピで使用しているお野菜は、ベジフルマルシェさんのお野菜です♪

全国各地の精鋭農家さんがつくった素材を厳選し、旬のお野菜が毎月届くベジフルボックス、ぜひお試しください🥕✨

※画像を押すとベジフルマルシェさんのサイトに飛びます。

 

ABOUT ME
髙橋菜里(管理栄養士・食養家)
しょくすり運営者。食が豊かになれば人が豊かになる、人が豊かになれば社会が豊かになるを信念に、食からはじめる健康管理(=予防食学)を発信しています。「大切なひと・もの・ことを健康にするお手伝い」を仕事としており、サイト管理運用をはじめ、商品やレシピの開発、食と健康講座、講演、電子書籍、コラムの執筆など幅広く活動中。著書に「がんばらないおせち」
こちらもオススメ☟