1-1-5.野菜類

野菜のトリセツ【芽花椰菜(ブロッコリー)】

地中海沿岸原産の野生のキャベツ(ケール)を改良したものがブロッコリー。

つまり、キャベツの仲間なんです。

ブロッコリーの選び方

  • 緑色が濃いもの
  • ひとつひとつのつぼみが小さいもの
  • こんもりとつぼみが密集しているもの
  • 茎の切り口に、変色や「す」が入っていないもの

ブロッコリーの栄養

茎には食物繊維が豊富なので、皮を向いて使用すると良いです。アメリカの国立ガン研究所でも「ガン予防が期待できる食べ物」の上位にランクインしています。

  • カロテン:キャベツの4倍
  • ビタミンC:茹でても半分ちかく残るのが特徴
  • カリウム:血圧を下げる働きがあります
  • カルシウム
  • クロム:糖尿病予防

ブロッコリーの料理

  • 和え物
  • フライ

ブロッコリーの保存方法

  • 鮮度が落ちやすいため、ビニール袋に入れ、3日程度
  • 硬めに茹でて冷凍保存もできます

 

 

ABOUT ME
髙橋菜里(管理栄養士・食養家)
しょくすりの中の人。食が豊かになれば人が豊かになる、人が豊かになれば社会が豊かになるを信念に、食からはじめる健康管理(=予防食学)を発信しています。サイト管理運用をはじめ、商品やレシピの開発、食と健康講座、電子書籍、コラムの執筆などをやっています。
合わせて読みたい