「し」しいたけ・きのこ

滑子(なめこ)の栄養学

滑子(なめこ)について

天然物は秋から春にかけて、ブナなどの広葉樹の倒木に群生します。現在は、菌床栽培のものが主流となっています。独特のぬめりと歯ごたえが特徴です。

産地

長野、新潟、山形など

滑子(なめこ)の加工品

生の状態は日持ちしないため、水煮や缶詰、瓶詰めが主流です。

スポンサーリンク

滑子(なめこ)の調理法

和え物、吸い物、汁物など

 

ABOUT ME
髙橋菜里(管理栄養士・食養家)
しょくすり運営者。食が豊かになれば人が豊かになる、人が豊かになれば社会が豊かになるを信念に、食からはじめる健康管理(=予防食学)を発信しています。「大切なひと・もの・ことを健康にするお手伝い」を仕事としており、サイト管理運用をはじめ、商品やレシピの開発、食と健康講座、講演、電子書籍、コラムの執筆など幅広く活動中。著書に「がんばらないおせち」
こちらもオススメ☟