ごはんもの

七草粥はいつ食べる?七草粥に込められた意味や七草それぞれの栄養を知り、お正月の疲れた胃をゆっくり休めよう【日本の行事食シリーズ:人日の節句(1月7日)】

七草粥とはなにか

七草がゆ・七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、1月7日の人日の節句の朝に食べられている日本の行事食のひとつです。

1年で最初の節句行事になります。

なぜ、人日の節句(1月7日)に七草粥を食べるのか?

人日の節句(1月7日)に七草粥を食べる理由は、大きく2つの理由があります。

①その年の豊作と無病息災を願う

七草は早春に芽吹くので、邪気を払う意味が込められています。前日(1月6日)に七草を準備して、唱えごとをしながら決められた回数叩く作法もあるそうです。

②ハレの日の料理で疲れた胃をリセット

お粥は消化がよく、胃腸にやさしい食べ物です。お正月の祝膳や祝酒などのご馳走で疲れた胃を休めるために、この日にお粥を食べるとされています。また、七草は、生鮮食品が少ない冬の貴重な栄養源でした。

スポンサーリンク

七草の覚え方

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」という古い短歌があり、この順番で覚えれば、「五・七・五・七・七」になっています。

 

次ページは、七草それぞれの意味や栄養について

1 2
ABOUT ME
髙橋菜里(管理栄養士・食養家)
しょくすり運営者。食が豊かになれば人が豊かになる、人が豊かになれば社会が豊かになるを信念に、食からはじめる健康管理(=予防食学)を発信しています。「大切なひと・もの・ことを健康にするお手伝い」を仕事としており、サイト管理運用をはじめ、商品やレシピの開発、食と健康講座、講演、電子書籍、コラムの執筆など幅広く活動中。著書に「がんばらないおせち」
こちらもオススメ☟