3-4.ビタミン

ビタミンA

ビタミンA(脂溶性ビタミン)

色の濃い野菜に多く含まれているビタミンです。野菜にはカロテンの形で含まれていて、体内でビタミンAに変化します。

ビタミンAの働き

目の栄養に必要不可欠な栄養素です。

  • 抗酸化作用
  • 粘膜や皮膚を正常に保つ
  • 目の網膜に含まれているロドプシンの主成分

などの働きがあります。

ビタミンAの欠乏症

  • 夜盲症
  • 眼球乾燥症
  • 皮膚や粘膜の角化
  • 免疫能の低下

ビタミンAの過剰症

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 肝臓障害
  • 脳圧亢進
  • 異常胎児の出現

豆情報

●レチノール当量

=レチノール+1/12βカロテン+1/24αカロテン+1/24クリプトキサンチン

●βカロテンは必要に応じてビタミンAに変化するため、過剰症は報告されていません。

合わせて読みたい